医療安全推進運動について
平成18年度 医療安全推進週間
映像ニュース MedicsTV
リンク
問い合わせ
医療ネットワーク支援センター
TOPへ
市民と医療のコミュニケーション講座
チラシ
●目的
少子高齢社会を迎え医療、健康に関する需要が高まるなか、医療機関においては安全な医療の提供とともに、患者や家族が安心して医療を受けられるよう、医療者と患者・家族・市民とのコミュニケーションがますます重要となっています。その一方で情報化時代に伴い医療者と患者・市民の間の情報格差はますます広がり情報の共有がはかりにくくなっています。
 そこで医療現場において病院内の職員はもとより、地域の医療機関、患者・市民と共に参加し、本講座において相互に正しい知識、情報を得ることで、ヘルスリテラシーの向上、安心な医療の実現を目的としております。
期  間
2009年9月末から12月
会  場
横浜市立みなと赤十字病院 3階大会議室
時  間
15:30〜17:00/19:00〜20:30 (90分=5コース)
対  象
・地域医療連携施設(中区、磯子区、南区、等の医科、歯科)医療従事者
・患者、家族および一般市民
講座内容
◆第1回9月25日(金)19:00〜20:30
医療従事者対象
「患者の視点で考えるコミュニケーション」
講師:岡本左和子氏
(ヘルスケア・コミュニケーション・スペシャリスト、東京医科歯科大学大学院 医療政策学講座)
★諸般の事情により時間が変更となりましたので、ご注意ください。
◆第2回10月2日(金)17:30〜19:00
患者、一般市民および医療従事者対象
「秋から冬へのヘルスケア」
講師:中山健夫氏
(京都大学大学院 医学研究科 社会健康医学系専攻 健康情報学 教授)
◆第3回11月12日(木)19:00〜20:30
医療従事者対象
「法律家から見た医療クレーム 〜クレームの要因と対策について〜」
講師:稲葉一人氏
(中京大学法科大学院教授、群馬県病院局顧問、元大阪地方裁判所判事)
◆次回予定第4回11月下旬・第5回12月中旬に、「ヘルスコミュニケーション」をテーマとしたセミナーを予定しております。
共  催
横浜市立みなと赤十字病院
厚生労働省認定 認定個人情報保護団体/内閣府認証 特定非営利活動法人
医療ネットワーク支援センター
協  力
横浜市医療安全支援センター(予定)
協  賛
NTTアイティ株式会社、花王株式会社、日医工株式会社
申し込み
横浜市立みなと赤十字病院 医療安全推進課 TEL:045-628-6850(直通)
チラシダウンロード(PDF:43KB)
申し込み書ダウンロード(PDF:69KB)
問合わせ
・横浜市立みなと赤十字病院
厚生労働省認定 認定個人情報保護団体/内閣府認証 特定非営利活動法人
・医療ネットワーク支援センター 担当/河崎 Mail:info@medical-bank.org