医療ITとは?

ITの目覚ましい発展により医療技術が飛躍的に進歩しつつあします。その一方、医療情報の提供という側面は果たして進歩しているでしょうか。
総務省ではITの間に"C"(コミュニケーション)を組み込み、ICT(=インフォメーション、コミュニケーションテクノロジー)を提案しています。

私たちは「ITのメリットを医療におけるコミュニケーションにどのように生かしていくか」という考え方をテーマに、専門家の支援をいただきながら、医師、医療機関、学会、団体等に必要とされる様々なコンテンツやICTの情報を収集し、情報共有や広報の支援を行っています。

医療IT研究 「ウェブサイト企画・制作」 一覧

情報システムの構築 「新型インフルエンザ発生時の情報危機管理体制」

国立感染症研究所 研究調査委託事業 平成19年度より国立感染症研究所から研究委託(新興・再興感染症研究事業の企画及び評価に関する研究)を受け、情報共有システムに関する研究を始め、2010年3月、情報収集分析機能を備えた情報共有システムについて調査・研究しました。

このシステムは新型インフルエンザなど世界各地からの各種感染症発生情報を収集、分析する機能を備え、同時に所内における情報共有を目的として構築されており、集約された情報をもとに、資料を共有しながら各地と遠隔会議を行うことができるものです。

  • 平成19年度 「新興・再興感染症研究事業の企画及び評価に関する研究」
  • 平成20年度 「新興・再興感染症研究事業の企画及び評価に関する研究」
  • 平成21年度 「新興・再興感染症研究事業の企画及び評価に関する研究」
  • 平成22年度 「新興・再興感染症研究事業の企画及び評価に関する研究」

研究目的 新興・再興感染研究事業を効果的に実施するには、適切な課題の選択、最適な研究者選考、公正な研究費用の配分、そして厳密な研究成果の評価が不可欠であり、感染症研究の専門家からなる委員会でこれを行う。また、企画評価に必要な情報収集、調査を行う。(厚生労働科学研究成果データベースより)

改正個人情報保護法対応セミナー開催 facebook WDC 生活再建支援拠点 県外避難者への相談・交流・説明会事業 東日本大震災避難者支援プロジェクト「health aid」 競輪・オートレース補助事業ホームページ「RING!RING!プロジェクト」 ボランティア参加 メーリングリスト登録

厚生労働省認定 認定個人情報保護団体特定非営利活動法人

医療ネットワーク支援センターは、医療と市民を結ぶ 「医療コミュニケーション」 を支援します。

住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-15-1-412 | 電話 03-6911-0582 | FAX 03-6911-0581 | EMAIL info@medical-bank.org