医療コミュニケーションのホーム > 情報共有カード 第 2 弾 > 談話室・売店・検査・リハビリカード

うっかりミスやヒヤリ・ハットを未然に防ぐ!

情報共有カード 第 2 弾 「談話室・売店・検査・リハビリカード」

日々の多忙な業務において、医療従事者と患者間の明確なコミュニケーションが大事となります。
入院患者の所在を瞬時に把握し、日常業務の中での医療事故を事前防止します。

業務中断カードアンケート結果

※ 商品イメージ
ベッドを離れている際の、看護師の巡回やお見舞い等の訪問者に所在を知らせたい場合にカードをベッドのパイプに簡単にかけ、所在を知らせる。
カードの種類 →「検査中」「談話室」「トイレ」「売店」

‹ メリット ›

  • カードをかければ巡回やお見舞い等の訪問者を気にせずベッドを離れられる。
  • 看護師や見舞客も患者が不在でもすぐにカードがかけてあればすぐに所在を確認できる。
  • 患者、看護師、見舞客双方が安心できる。

現場の声

以前はベッドを離れている間に巡回や見舞客が来て、「不在と思われたらどうしよう」という不安がありなかなか離れられませんでしたが、このカードをかけることによって、安心して離れられるようになりました。

商品イメージ
‹ 商品名 ›
情報共有カード
(談話室・売店・検査・リハビリ)
サイズ 素材 価格
カード 15㎝(縦) × 4.5㎝(横) ポリエチレン
テレフタレート樹脂
未定(12月発売予定)

※ 商品に関する問い合わせ・ご相談は、info@medical-bank.org までお願いします。

改正個人情報保護法対応セミナー開催 facebook WDC 生活再建支援拠点 県外避難者への相談・交流・説明会事業 東日本大震災避難者支援プロジェクト「health aid」 競輪・オートレース補助事業ホームページ「RING!RING!プロジェクト」 ボランティア参加 メーリングリスト登録

厚生労働省認定 認定個人情報保護団体特定非営利活動法人

医療ネットワーク支援センターは、医療と市民を結ぶ 「医療コミュニケーション」 を支援します。

住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-15-1-412 | 電話 03-6911-0582 | FAX 03-6911-0581 | EMAIL info@medical-bank.org